誰にでもできる空手 福島県郡山市の空手先生奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS 空手 29

<<   作成日時 : 2014/01/31 08:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


私が通っていた福島県南支部は、立禅から入り基本稽古、移動稽古、型、補強、約束組手、自由組手という、立禅を除いては一般的な極真会館の稽古と同じような流れで進むことが慣例でした。


ですから最後に自由組手が待っており稽古が進むにつれ皆の顔が強張り、場の緊張感が高まっていくのをヒシヒシと感じるのが常でした。


自由組手では上段廻し蹴りがヒットして気絶するようなことも日常茶飯事で、そういうのを目の前にして自分の番が巡ってくるのを待つ心境は、死刑台にあがるような心持ちでした。


誰にでもできる空手 日本空手道神居塾 桑野空手教室


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

ー 空手を始める人のために ー 福島県郡山市の空手先生奮闘記
空手 29 誰にでもできる空手 福島県郡山市の空手先生奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる