誰にでもできる空手 福島県郡山市の空手先生奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS 空手 30

<<   作成日時 : 2014/02/01 10:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


現代は競技に対する整備化がなされ、試合に臨むための稽古内容や心構えというものがきちんとされていますが、黎明期においては混沌としており何が正しくて何が間違っているのか不明瞭なことが非常に多かったように思います。


私たちが稽古をしていた福島南支部は極真館の廬山館長が師範をされていたことがあるので、廬山師範の思想や稽古論が徹底されており、常に顔面攻撃や投げを意識した稽古をしなければならないということを意識づけられておりました。


稽古の中では掌底での顔面有りの組手を稽古することもあり、当時は廬山師範の埼玉支部や広重師範の城南支部と太気拳の先生方との稽古会が催されていて掌底での顔面有り、投げ有りでの組手稽古をしていました。


誰にでもできる空手 日本空手道神居塾 桑野空手教室


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

ー 空手を始める人のために ー 福島県郡山市の空手先生奮闘記
空手 30 誰にでもできる空手 福島県郡山市の空手先生奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる