アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「空手」のブログ記事

みんなの「空手」ブログ

タイトル 日 時
空手 53
そういう厳格な雰囲気が当たり前だった道場において、当時の少年部や女子部というのはオマケに近い存在であったように思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/22 08:29
空手 52
空手 52 私が空手を学び始めた頃の極真会館には、「強さこそ全て」、「強くなければ意見を言う資格もない」的な空気が道場に充満していた厳格さがありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/11 12:23
空手 51
空手 51 今も思いますが、あの時にラッキーさんの話に乗ってスリランカに渡っていたら私の人生はまた違ったものになっていたことと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/20 08:37
空手 50
空手 50 ラッキーさんからいきなりスリランカに来ませんか?と告げられて戸惑っていると、「栗田さんくらい空手の腕があれば人がいっぱい来ます!とくに日本人が空手を教えると言えば絶対です!」と、いつも穏やかなラッキーさんが顔を紅潮させて話して来ます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/17 08:13
空手 49
空手 49 いつも先輩の意地悪から私を庇ってくれ、店での仕事も優しく教えてくれたラッキーさんに何か恩返しをしたいと考えた私は、ラッキーさんもブルース・リーが大好きだということを知り、武道具店にヌンチャクを買いに行きプレゼントをしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/13 10:56
空手 48
空手 48 私は18歳のときに東京のレストランで働いていたのですが、そこにスリランカから新婚旅行に来て日本を気に入ってしまい、そのまま住み着いてしまった夫妻がいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/08 08:29
空手 47
空手 47 私はブルース・リーの惚れ惚れするような素晴らしい蹴り技に憧れたこともあって、理想の蹴り、理想の速さやキレがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/04 08:29
空手 46
空手 46 私たちがいる空手や格闘技の世界は、どこの流派が最強だ!とか、どの格闘技が強い!ということが論じられますが、空手や格闘技とは状況を打破する為の手段であり手法です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/27 08:34
空手 45
空手 45 自分が誇りを持っていた空手を馬鹿にされる………そういう嫌な経験をしたからか、それまではヘラヘラと生きて来た私が、プライドとはなんなのか?ということを真剣に考えるようになっていきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/22 16:11
空手 44
空手 44 それからは自分が学んでいる空手を侮辱したりするような奴らには躊躇をせずに飛び掛かるようになって行きましたね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/19 15:03
空手 43
空手 43 「お前が言うダンス空手が本当に弱いのかを見せてやる…」 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/16 10:39
空手 42
空手 42 「お前がやっている空手は弱い空手だ!」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/14 13:33
空手 41
空手 41 極真空手が好きだった私が最初に学んだのは伝統空手だったわけですが、当時は空手バカ一代で伝統空手をダンス空手と揶揄していた影響で伝統空手は弱いという誤った認識を植え付けられている人間が非常に多かったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/12 12:47
空手 40
空手 40 空手を学び始めてからは楽しくて、本当に夢中になって稽古をしましたね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/11 08:31
空手 39
空手 39 若かった頃の私は、当時の極真空手が持つアウトローで少数精鋭な雰囲気に憧れていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/10 08:12
空手 38
空手 38 私が最初に学んだ空手は沖縄剛柔流で伝統派の空手でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/09 10:44
空手 37
空手 37 現代においても「〇〇が最強だ!」、「いや△△のほうが実戦的だ!」という論争は絶えませんが、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/08 08:33
空手 36
空手 36 私が極真会館に移籍した30年以上昔は、先の私が感じたような顔面攻撃に対する論争というものが、空手の専門誌の読者投稿などで熱を帯びていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/07 08:48
空手 35
空手 35 私が空手を学んだ動機が喧嘩に強くなりたいというもので、喧嘩もそれなりにはしてきましたし、武道も剣道や伝統空手など顔面を意識しなければならないものが多かったので、極真会館に移籍した当初は接近戦をすることに対して非常に抵抗がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/06 08:26
空手 34
空手 34 同じルールの中で戦っても、その中で実戦に近いイメージを体現して空手力を向上させることを旨として戦っている者と、ルールを最大限に利用して勝利に執着しようとしている人間が全然違うのだということを、16歳位の私には理解することも出来ませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/05 08:47
空手 33
空手 33 当時の極真会館において、廬山道場の低後屈立ちでの一発一発に気合いを入れて、顔面攻撃を想定して戦うような大山道場時代から続く伝統的なスタイルは、ルールにおいては顔面攻撃は禁止されているのだからとそれを意識することは無駄であると省いて、ルールを利用して戦い勝利を得るという主流になりつつあった時代において異質であったように思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/04 08:44
空手 32
空手 32 太気拳との交流稽古会が開かれていた当時は、私は極真会に移籍したばかりでペーペーでしたので当事者ではありませんが、岡崎先輩からイロイロな経験談などを聞きワクワクとしたのを思い出します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/03 07:26
空手 31
空手 31 私が極真会と太気拳の稽古会のビデオを見せて頂いた当時は、このビデオが大山館長(当時)に見付かったら、その支部は潰される等と先輩から脅され、絶対に口外したり他の人間に見せたりしてはいけないと釘を刺されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/02 08:56
空手 30
空手 30 現代は競技に対する整備化がなされ、試合に臨むための稽古内容や心構えというものがきちんとされていますが、黎明期においては混沌としており何が正しくて何が間違っているのか不明瞭なことが非常に多かったように思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/01 10:16
空手 29
空手 29 私が通っていた福島県南支部は、立禅から入り基本稽古、移動稽古、型、補強、約束組手、自由組手という、立禅を除いては一般的な極真会館の稽古と同じような流れで進むことが慣例でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/31 08:27
空手 28
空手 28 昔は道場で行われる組手稽古で大半の人間が道場を去って行きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/30 07:58
空手 27
空手 27 昔の極真会館の組手において、スパーリングという概念やサポーターの着用という習慣はありませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/29 07:55
空手 26
空手 26 初めて行った立禅がとても辛く感じたものですが、今から考えるとその説明はかなりアバウトでどのような効果があるのかという説明も気を纏ってくるという神秘的な説明がなされていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/28 08:00
空手 25
空手 25 私が極真空手に移籍した当初に一番きつかった稽古が立禅でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/27 06:45
空手 24
空手 24 当時、私たちを指導してくれていたM先輩は自衛隊のレンジャー所属でしたので、私たち道場生に求める厳しさもそれは凄かったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/26 08:33
空手 23
空手 23 当時の極真空手にはスパーリングという概念があらず、組手と言えばフルパワーでぶつかり合うガチンコが普通で、サポーターを着用するという習慣もありませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/25 08:35
空手 22
空手 22 当時は道場内での私語は絶対に厳禁で、道場内に入ったら寡黙にこれから始まる稽古に備えて黙々とアップをこなしながら、「今日は誰がいるのかな〜」って周りを確認したりするのが常でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/24 07:32
空手 21
空手 21 私が移籍した当時の福島県南支部の師範は、現・極真館館長である廬山初雄師範で、廬山館長は当時埼玉支部と福島県南支部を兼任されておりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/23 08:04
空手 20
空手 20 当時の極真空手の道場は、現在とは比べものにならないほど恐ろしい空間でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/22 08:34
空手 19
空手 19 私もJACに入団したいと真剣に目指していた時期があり、毎日のように身体能力を高めるトレーニングをしていたのですが、どうやったらJACに入団できるのか?という肝心なところが全然わかっていませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/21 08:32
空手 18
空手 18 私が13歳くらいの頃にテレビでは、アクション俳優である千葉真一さんのJAC(ジャパン・アクション・クラブ)から売り出し中の新人・高木淳也さん主演の「魔拳!カンフーチェン」というカンフーのテレビドラマが放送されており、同級生の男の子達はこのドラマを見て学校で真似をしていました(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/20 09:08
空手 17
空手 17 私が空手を始めた30年前は、空手やキックボクシング等の打撃格闘技ブームが去り、テレビや雑誌でも話題にすらならないような下火の頃でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/19 08:28
空手 16
空手 16 私を武道の道に導いてくれたケンちゃん……彼がいなかったら私は武道の世界には足を踏み入れてなかったかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/18 08:40
空手 15
空手 15 私が剣道を始めたきっかけの話をしていますが、そういえば当時はビールの空き瓶を酒屋さんに持って行くと一つ五円、コーラやファンタの空き瓶は10円と交換してくれた時代でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/17 08:30
空手 14
空手 14 今でも覚えていますが、月曜日の夜8時過ぎに私は親に頼まれて近所の酒屋にビールを買いに行った時に、仲良しの幼なじみのケンちゃんと会いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/16 08:26
空手 13
空手 13 子どもの頃に私が住んでいた家から三分くらいのところに沖縄空手の道場があり、家の窓から稽古風景を見ることが出来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/15 09:25
空手 12
空手 12 ここまで読んで来た方は解ると思いますが、今から30年以上昔に育った子ども達は、武道を習うにしても喧嘩でどれだけ使えることが出来るのか?ということが動機や人気の基準となっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/14 08:19
空手 11
空手 11 頭に来るから喧嘩になるわけですが、それでも無意識層下では " 相手を傷付け過ぎてはいけない " というバイアスがかかっていたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/13 08:16
空手 10
空手 10 そんな経緯を経て柔道から空手へと興味の対象が移ったわけですが、実際子どもの頃の喧嘩って殴り合いというよりも取っ組み合いになることが多かったんですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/12 08:05
空手 9
空手 9 話が逸れましたf^_^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/11 08:35
空手 8
空手 8 今では無くなってしまった昔の郡山にあった東北書店で「空手バカ一代」に出会い、毎日通っては立ち読みではなく、座り読みをしていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/10 09:12
空手 7
空手 7 自分の頭で考えて納得が出来なければモヤモヤが残って割り切れないような性格でしたので、相手を捕まえる前に決着がついてしまうほどの打撃の使い手と喧嘩をしたり、弱くても刃物を所持していたら勝つ可能性は限りなく低くなるし、勝てたとしても自分も大怪我をしたり、運が悪ければ死んでしまうだろうな〜って思わずにはいられませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/09 08:19
空手 6
空手 6 子ども時代の柔道に対する勝手な最強幻想が崩壊はしましたが、柔道を真剣にやっている方々は本当に強いと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/08 08:37
空手 5
空手 5 柔道が強かったA君は相手を捕まえる前にボコボコに殴られて負けました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/07 08:11
空手 4
空手 4 私の勝手なイメージでは、A君は相手に殴られる前に掴んで投げ飛ばして華麗に勝つだろうと予想をしていたのですが、相手も喧嘩慣れしていて強い子でしたので結構ドロドロの殴り合いになったんですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/06 07:52
空手 3
そんなわけで幼少期の私にとっての人間のヒーローは「姿三四郎」で、最強の武術は柔道であると信じて疑いませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/05 09:21
空手 2
私はリアルタイムでは見ていませんでしたが、テレビ番組も「柔道一直線」「紅三四郎」など、主人公が使う武術は柔道と相場が決まっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/04 08:11
空手 1
私は今でこそ空手の師範をしていますが、仮面ライダーやウルトラマンなどの架空の変身ヒーローを除いて、初めて憧れた人間のヒーローは姿三四郎でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/03 08:44

トップへ | みんなの「空手」ブログ


ー 空手を始める人のために ー 福島県郡山市の空手先生奮闘記
誰にでもできる空手 福島県郡山市の空手先生奮闘記 空手のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる